専業主婦がお金借りることって即日できる?


sengyoushufu

  • 安定した収入が配偶者にある方
  • 銀行は収入証明書不要の限度額が高い!

この条件を満たしていれば、利用可能と思われます!

専業主婦が今すぐお金借りるなら来店不要で申し込めるWEB契約を活用しましょう。銀行カードローンなら本人に収入のない専業主婦でも、配偶者に収入があれば申し込みできるサービスもあります。同意書不要で配偶者に内緒でお金を借りることが出来ますが、借りるキャッシングサービスを慎重に選ぶ必要があります。ポイントをおさえることで、誰にも知られずにお金借りることが即日にも出来ます。返済の事も考え、金利なども確認しておきましょう。

専業主婦が失敗しない3つのポイントは・・

  • 専業主婦なら総量規制対象外に注目!
  • 総量規制対象外なら配偶者の年収1/3まで借りることが可能です。収入のない専業主婦ならココに注目しましょう。

  • 収入証明・同意書が不要を選びましょう!
  • 少しだけ借りる、主人に内緒でお金を借りたいなら「収入証明・同意書が不要」を選びましょう!

  • 郵送物不要が一番安心です!
  • WEB完結だけではなく「郵便物不要」かも確認。申し込みはバレなくても、後日郵送の書類で知られる可能性があります。

大手3サービスのキャッシングサービスを比較すると

三菱東京UFJ銀行カードローン
みずほ銀行
プロミス
LP_164x164_ladys
総量規制
対象外
専業主婦
借入
専業主婦
限度額
30万円まで
専業主婦
限度額
30万円まで
パートの場合
限度額
50万円まで
収入証明
同意書不要
100万円まで
同意書不要
200万円まで
同意書不要
パートの場合
限度額
50万円まで
無利息
期間
30日間あり※1
実質年利 1.8%~14.6% エグゼクティブプラン
年3.0%~7.0%※2
4.5%~17.8%
コンビニ
出金
来店郵送
不要
WEB完結
口座不要
WEB完結 WEB完結
特徴 ・口座不要で可能
・専業主婦借入OK
・専業主婦借入OK
・銀行カードローン
・即日の借入も可能
・無利息期間あり※1

※1メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式HPをご確認ください。※2住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

三菱東京UFJ銀行のスペック

三菱東京UFJ銀行カードローンは専業主婦の申込み対応。審査時間は最短30分、最短即日も可能なので急いでいる時の活用に便利です。銀行カードローンですが保証人不要で利用できるため、今すぐお金が必要でも最短ルートで利用することが出来ます。

三菱東京UFJ銀行:公式HPへ

口座開設不要で借りれる

三菱東京UFJ銀行に口座がなくてもカードローンの利用が出来ます。申込みは来店不要のWEB契約が便利。最短30分の審査回答後、即日融資も最短で可能となっています。銀行窓口の利用が出来ない平日15時以降や土日祝日の利用も出来ます。

最短借入ルート:WEB申込み・審査後→テレビ窓口で契約・カード受取→当行・提携コンビニATMで借入可能

必要書類の提出が少ない!

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の申込みで必要な書類は「運転免許証」のみ。(交付なければ各種健康保険証・パスポートなど)利用限度額が100万円を超えなければ収入証明書不要となるので、必要最低限の書類提出で済みます。専業主婦でも30万円までの限度額で利用出来ます。100万円以下の利用となるため、収入証明書の提出不要で今すぐお金を借りることも可能です。

月1,000円~の返済

三菱東京UFJ銀行カードローンの返済額は最低1,000円~となります。(借入利率による)お金を借りたいけど返済の事を考えると考えてしまう方も、家計に負担なく利用することが出来るので上手に活用できます。もちろん返済に余裕がある時は一括返済をすることも出来ます。金利は日割り計算なので、ムダなくお金を借りることが出来ますよ。

三菱東京UFJ銀行:公式HPへ

 

 

 

いつでも手軽に必要な現金を借りられる事で人気のカードローンは、担保や保証人を必要としない代わり、利用をする本人に、借入をした後にしっかりと返済をしていく事が出来る、安定した収入がある事が重要になってきます。その為、利用をするには、本人が働いているという事が重要となるものでした。公務員や正社員等、安定した働き方をしている人は審査にも通りやすくなるのに対し、非正規雇用の場合、審査に落ちる可能性がやや高くなる事はありますが、現在は、アルバイトやパートでも可能な業者も増え、とても利用しやすいサービスになってきています。主婦でも、本人が働いており、収入があれば利用可能となります。それに対して、本人に収入がない専業主婦の場合、利用できない事が殆どでした。ですが、最近では、限度額を低めに設定する等の条件付きで、専業主婦でも利用できるカードローンが増えてきています。本人に収入がない状態でも利用できると聞くと、審査が甘いとされる消費者金融の方が貸してくれそうだと考える人は少なくないでしょう。ですが、本人に収入がない場合に利用できるのは、銀行の方が多くなります。消費者金融は、利用する本人の年収の1/3までしか貸付をする事が出来ないという、総量規制の対象となります。本人に安定した収入がある場合、年収の1/3までは貸して良い事になりますが、本人に全く収入が無い場合、年収の1/3は、0円という事になってしまいます。その為、貸す事が不可能という状態になります。配偶者の年収に応じて貸付を行う、配偶者貸付を利用すれば、配偶者にしっかりとした年収がある事等を条件に、配偶者の年収の1/3まで貸付をするという事も可能ですが、通常の貸付よりも手続きが大変になる事も多く、現在は、この配偶者貸付を行わない業者が増えてきています。ですから、本人に安定した収入がないのであれば、消費者金融で借入をする事は難しい状態となっています。それに対して、銀行というのは、本人の年収の1/3までしか貸付ができないという総量規制の対象にはなりません。ですから、本人に収入がない状態であっても、利用が可能となります。ただ、銀行のカードローンは、消費者金融とは違い、上限となる金額は、年収の1/3ではなく、銀行が定めた上限までとなり、500万円や800万円、銀行によっては1,000万円までの借入が可能となっています。ただ、これは、本人に安定したしっかりと収入がある場合に限られます。本人に収入が無い専業主婦の場合、この上限よりもはるかに低い、30万円や50万円程度の金額が上限となる事が殆どです。配偶者の収入に関する書類の提出をする等、条件によっては、これ以上の限度額を利用する事が出来る可能性もありますが、多くの場合は、30万円や50万円の限度額の範囲内となります。更に、最初に30万円や50万円等の上限とされる金額を希望しても、それよりも低めの金額からの利用となる可能性が高くなります。ですから、最初の審査の時点で、高額の借入を希望しても、その通りにならない可能性を意識しておく事が重要になります。最初の限度額では足りない場合、増額に関する審査を受ける事になります。この際に重要になってくるのが、借入の状況です。審査を受けた後に、全く利用をしていない状態で、増額の審査を受けても、銀行側は、その人に本当に返済能力があるか判断する事が出来ません。ですから、借入の上限を増やしたいと考える場合、半年から1年程度、利用をして、遅れる事なく返済をしていく事が大切です。遅れずに返済をする能力を証明する事で、増額の審査にも通りやすい状態を作る事が出来ます。






このページの先頭へ