収入証明書不要で即日、お金借りるには?


shuunyuushomeisho-huyou

  • 銀行は不要限度額が高い!
  • 銀行なら専業主婦の申込みも可能

銀行カードローンは総量規制対象外のため、収入証明書を提出する義務はありません。そのため限度額300万円までなど、銀行によって収入証明書の提出不要となる限度額が高く設定されています。消費者金融から借りた場合は一定額までの限度額利用なら、提出不要となっております。(50万円まで、他社からの借入総額が100万円以下である)ただし、本人に収入のない専業主婦は申込みが出来ません。銀行であれば配偶者に収入があり、本人に収入のない主婦でも申込みすることが出来ます。利用の際は、収入証明書不要の限度額を確認しましょう。

収入証明書不要での3つのポイントは・・

  • 収入証明書が不要な限度額を確認!
  • 銀行は総量規制対象外のため、収入証明書不要で借りれます。限度額がそれぞれ違うので、確認しましょう。

  • 返済も考えて銀行から確認
  • 返済も考えるなら低金利の銀行カードローンです。土日祝日の利用も出来るので便利です。

  • 来店不要、今すぐも可能か確認
  • インターネットから申込、コンビニ出金も可能できるサービスを利用しましょう。即日融資も可能なら急ぎも安心です。

大手3サービスのキャッシングサービスを比較すると

みずほ銀行
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
プロミス
200*200
収入証明書不要
の限度額
限度額200万円
以下
限度額300万円
以下
限度額50万円以下
専業主婦
借入
専業主婦
限度額
30万円まで
来店郵送
不要
WEB完結
郵送不要
WEB完結 WEB完結
も対応可能
土日祝日
出金
※1 ※2
実質年利 エグゼクティブプラン
3.0%~7.0%※4
3.0%~17.8% 4.5%~17.8%
特徴 ・専業主婦借入OK
・銀行カードローン
・おまとめローンOK
・小額借入可能
・即日の借入も可能
・無利息期間あり※2

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。。※3 契約完了後※4住宅ローン加入者の特典で、カードローンの金利を年0.5%引き下げ。エグゼクティブプランの年3.0%は引き下げ適用後の金利です。

みずほ銀行カードローン:公式HPへ

みずほ銀行カードローンのスペック

みずほ銀行カードローンは限度額200万円まで収入証明書不要で利用できます。利用限度額は最低10万円から最高限度額1,000万円までと業界トップクラスの水準!利用目的は事業費以外は自由となります。土日祝日の出金も可能とサービスに満足出来ます。

みずほ銀行カードローン:公式HPへ

口座があれば今すぐも可能

みずほ銀行の口座があれば、口座開設不要で手持ちのキャッシュカードからお金を借りることが出来ます。手持ちのキャッシュカードろにカードローン機能を加える事ができ、専用カードを保有しなくてもカードローンが利用できるので誰にもバレずにお金を借りることが出来ます。申込みも全てインターネットで完結出来るため、来店不要で今日中も可能です。

提出書類が少ない

銀行カードローンの利用は保証人の同意書や収入証明書などの提出が必要となります。みずほ銀行カードローンは限度額200万円まで収入証明書不要。保証人・担保も不要で申し込みすることが出来ます。最低限 本人確認書類と少なく、WEB契約ならカメラ撮影したデータを登録用URLに画像登録して完了となります。

専業主婦も借りれる

無収入の専業主婦でも配偶者に収入があれば、限度額30万円まで借りることが出来ます。実は銀行カードローンの中でも専業主婦の借入が出来るのは珍しいんです。配偶者の同意書不要で申込みすることが出来るため、家族にも内緒でお金を借りることが出来ます。

みずほ銀行カードローン:公式HPへ

 

 

 

キャッシングやカードローンを利用する為には、お金を借りる本人に、安定した収入がある事が重要になってきます。その為、利用をする際には、収入を証明する必要があるというイメージを持つ人も少なくないでしょう。ですが、収入証明書が必ず必要という訳ではありません。消費者金融の場合、収入を証明する書類が必要かどうかは、借入の際の条件によって変わってきます。キャッシングやカードローンを初めて利用をする場合で、希望する利用限度額が50万円以下の場合、収入を証明する書類は不要で、運転免許証や保険証等の身分証明書だけで審査、借入をする事が可能となります。希望額が50万円以上の場合、収入を証明する事が出来る書類が必要となります。ただ、初めての利用の場合、限度額は50万円以下の少額に設定される事が一般的となります。それは、本人に多くの収入があったとしても、借りたお金を返済していく能力があるかどうかを、判断する事が難しい為です。ですから、最初は少額の限度額から始め、その限度額の範囲内で借入をして貰い、遅れずに返済をしていく事が出来るかどうかを確認していく事になります。最初に設定された限度額で足りない場合、増額の審査を受けるのですが、この際、利用を始めてから返済の遅れがないかどうか等が重要になってきます。ですから、初めての利用の審査の際は、高額の限度額を希望しない限り、収入証明書は不要となる事が一般的です。それに対して、その業者は初めての利用であっても、他社で既に借入があり、その借り入れ合計が100万円を超えている場合、収入を証明する書類を提出する必要が出てきます。借入を始めたら、同じ業者で増額をしていく方が良いと考える人は少なくありませんが、限度額を増やす為の審査というのは、最初の審査よりも厳しくなっている事が多い事が特徴です。そして、限度額を増やす為の審査に何度も落ちると、限度額を増やすどころか、限度額を下げられてしまう原因となる可能性が出てくる他、借入の制限をされてしまう可能性も出てきます。ですから、増額に関する審査落ちはデメリットが大きくなります。その為に、増額審査ではなく、他社で新たに審査を受ける事で、借入出来る金額を増やしていくという人は少なくありません。そんな他社での借入の総額が既に100万円を超える場合、その業者では初めての審査であっても、収入証明書を提出する必要が出てきます。ですから、消費者金融を利用する場合、収入を証明する書類が必要かどうかは、希望する限度額が50万円以下か、他社で既に総額100万円を超える借入をしていないかどうかによって大きく変わってくる事になります。それに対して、収入をする証明書が必要かどうか、設定が様々なのが銀行です。消費者金融の場合、50万円から収入証明書が必要になるのに対し、銀行というのは、100万円までは不要、300万円までは不要等、収入を証明する書類を提出しない状態で、多くの金額を借入できる事が特徴です。設定は銀行によって様々で、審査を受けたいと考えたら、利用を考えている銀行で借入をする際に必要な書類についてしっかりと確認しておく事が大切です。更に、消費者金融の場合、年収の1/3までしか借入が出来ないという総量規制の対象となるのに対し、銀行の場合、年収に関わらず、借入できる上限は500万円や800万円等、高めに設定されている事が多いのが特徴です。キャッシングやカードローンを利用する際、銀行を選ぶか、消費者金融を選ぶかによって、収入証明が必要な条件が変わってきます。審査を受ける前には、必要な書類についてしっかりと確認しておく事が大切です。






このページの先頭へ